NA-FW120V5とNA-FW120V3の違いを比較!おすすめはどっち?

家事

この記事では、パナソニックの縦型洗濯乾燥機「NA-FW120V5」(2021年発売)と「NA-FW120V3」(2020年発売)の違いについてお届けします!

洗濯~乾燥までできるパナソニックの縦型洗濯乾燥機「NA-FW120V5」が2021年6月下旬発売となります。

NA-FW120V5とNA-FW120V3の違いを比較すると、2021年発売のNA-FW120V5には「おしゃれ着コース」ができたことと、洗濯槽の自動洗浄の際に、除菌までできるようになったことの2点がまずあります。

このほか、洗浄方法や重さがやや違うのでそれらの違いについてご紹介していきます!

そのうえで、どっちがおすすめなのか価格や機能面からまとめていますので、ぜひチェックしてくださいね(^^♪

▼さっそく商品をチェックしたい方はこちら

◆2021年発売の新型NA-FW120V5

◆2020年発売の旧型NA-FW120V3

パナソニック Panasonic 縦型洗濯乾燥機 FWシリーズ ホワイト NA-FW120V3-W [洗濯12.0kg /乾燥6.0kg /ヒーター乾燥(水冷・除湿タイプ) /上開き][洗濯機 12kg]

NA-FW120V5とNA-FW120V3の違いを比較!

 

2021年発売の新型NA-FW120V5と2020年発売の旧型NA-FW120V3の違いを比較すると、新旧で違いがあるのは、下記4点となります。

  • 新型NA-FW120V5におしゃれ着コースができた(旧型NA-FW120V3にはなし)
  • 新型(NA-FW120V5)では自動槽洗浄に除菌機能がプラスされた(旧型NA-FW120V3は除菌機能なし)
  • 洗浄機能が旧型(NA-FW120V3)は「温水泡洗浄W」→新型(NA-FW120V5)温水泡洗浄にダウン
  • 本体の重さが1㎏軽くなった(58㎏→57㎏)

違いを表にまとめました↓

NA-FW120V5(新) NA-FW120V3(旧)
価格

※2021年5月末価格ドットコム調べ(変動あり)

265,980円

 

157,000円

(初値259,493円)※2020年7月

おしゃれ着コース
自動槽洗浄 除菌機能あり 除菌機能なし
洗浄方法 温水泡洗浄 温水泡洗浄W
本体の重さ 57㎏ 58㎏

それでは、違いを詳しく見ていきましょう(^^♪

おしゃれ着コースの違い

旧型NA-FW120V3にはなかったおしゃれ着コースが新型NA-FW120V5に搭載されました!

旧型NA-FW120V3でも「おうちクリーニングコース」でおしゃれ着の洗濯はできていましたが、おしゃれ着コースができたことでより短時間で洗濯できるようになったんです(^^♪

普段からおしゃれ着のお洗濯が多い方にはとっても嬉しい機能ですね!

NA-FW120V5(新)

おしゃれ着コース

NA-FW120V5(新)

NA-FW120V3(旧)

おうちクリーニングコース

洗濯容量 3.6kg 4kg
所要時間 41分 54分

ちなみに、「おしゃれ着コース」「おうちクリーニングコース」はどちらもおしゃれ着の洗濯ができますが、洗い方自体も違いがあるのでご紹介しておきますね!

おしゃれ着コース

生地の傷みを抑えてやさしく洗いつつも、汚れをしっかり落とすコースです。

適している衣類:キャミソール・ワンピースなど

おうちクリーニングコース

パルセーター(洗濯機の底)をほとんど動かさずに泡と遠心力水流でやさしく洗うコースです。

適している衣類:ブラウス・ニット・制服・ジャケットスーツなど

自動槽洗浄での除菌の違い

 

旧型NA-FW120V3にも洗濯槽を自動で洗浄する機能がありましたが、新型NA-FW120V5では、さらに除菌もできるようになりました。

試験結果では菌の減少率がなんと99%以上とのことです!

自動槽洗浄は、すすぎ後のためすすぎの水を利用して遠心力で洗濯槽を勢いよくするので、水道代がかかりません(^^♪

しかも、時間も約1分で電気代も1回あたり0.1円でコスパ最高です。

洗浄方法の違い

 

洗剤を泡立ててから洗う「泡洗浄」はパナソニック独自の洗濯方法ですが、旧型NA-FW120V3は「温水泡洗浄W」だったのが新型NA-FW120V5では「温水泡洗浄」になっています。

「W」は泡の量の違いとのことなので、新型になって泡の量がダウンするのかもしれません。

ただ、いずれにしても温水で泡洗浄ができるので汚れ落ちは心配不要ですね!

 

※↓NA-FA120V5の動画ですが、新型NA-FW120V5も同じ洗浄方法のため参考にされてください。

タテ型全自動洗濯機 NA-FA120V5 説明動画<洗浄力篇>【パナソニック公式】

本体の重さの違い

わずかな違いですが、旧型NA-FW120V3と比較して新型NA-FW120V3は同じ大きさで1kg軽くなっています。

旧型NA-FW120V3:58kg

新型NA-FW120V5:57kg

NA-FW120V5とNA-FW120V3のスペック比較表

違い以外のスペックをまとめました。

NA-FW120V5(2021年発売) NA-FW120V3(2020年発売)
容量 洗濯12kg/乾燥6kg 洗濯12kg/乾燥6kg
サイズ (幅643㎜×高さ1073㎜×奥行672㎜)

57kg

(幅643㎜×高さ1073㎜×奥行672㎜)

58kg

液体洗剤柔軟剤自動投入 なし なし
洗浄機能
  • 泡洗浄・パワフル立体水流
  • 温水洗浄(40℃・30℃・15℃・40℃毛布コース)
  • 泡洗浄W・パワフル立体水流
  • 温水洗浄(40℃・30℃・15℃・40℃毛布コース)
乾燥機能
  • ヒーターセンサー式(低温乾燥つき)
  • ダニバスターコース
  • 化繊60分コース
  • ヒーターセンサー式(低温乾燥つき)
  • ダニバスターコース
  • 化繊60分コース
エコ性能 エコナビ※あり

※水温・衣類の質を自動で見極めて節電・時短する機能

エコナビ※あり

※水温・衣類の質を自動で見極めて節電・時短する機能

清潔機能
  • 自動槽洗浄(除菌〇)
  • 槽洗浄サイン
  • 槽洗浄コース
  • サッと槽すすぎ
  • ナノイー(微細なイオン)
  • 自動槽洗浄(除菌×)
  • 槽洗浄サイン
  • 槽洗浄コース
  • サッと槽すすぎ
  • ナノイ(微細なイオン)
スマホで洗濯機能 なし なし

NA-FW120V5とNA-FW120V3の違いを比較しておすすめはどっち?

 

ここからは、新型NA-FW120V5と旧型NA-FW120V3の違いを比較してどっちがおすすめなのかをまとめました。

 

価格だけを見ると型落ち品が安くなるため、当然ですが旧型NA-FW120V3が安いです。

  • 旧型NA-FW120V3の現在の最安値と発売当初の価格を比べると10万円ほど安くなっている
  • 旧型NA-FW120V3の現在の最安値と新型NA-FW120V5の最安値を比べると10万円以上安くなっている

 

では、価格以外の違いも含めてどっちがおすすめなのかをご紹介します!

新型NA-FW120V5がおすすめな人

  • 最新機種が欲しい人
  • 普段からおしゃれ着をよく着る人
  • 洗濯槽の除菌までしっかり行いたい人

旧型NA-FW120V3がおすすめな人

  • 少しでも価格を抑えたい人
  • おしゃれ着はあまり着ない人
  • 洗濯槽の除菌は定期的に自分で行うから不要という人
パナソニック Panasonic 縦型洗濯乾燥機 FWシリーズ ホワイト NA-FW120V3-W [洗濯12.0kg /乾燥6.0kg /ヒーター乾燥(水冷・除湿タイプ) /上開き][洗濯機 12kg]

NA-FW120V5とNA-FW120V3の違いを比較!おすすめはどっち?のまとめ

NA-FW120V5とNA-FW120V3の違いを比較すると下記4点が異なります。

  • 新型NA-FW120V5におしゃれ着コースができた(旧型NA-FW120V3にはなし)
  • 新型(NA-FW120V5)では自動槽洗浄に除菌機能がプラスされた(旧型NA-FW120V3は除菌機能なし)
  • 洗浄機能が旧型(NA-FW120V3)は「温水泡洗浄W」→新型(NA-FW120V5)温水泡洗浄にダウン
  • 本体の重さが1㎏軽くなった(58㎏→57㎏)

新型NA-FW120V5は、おしゃれ着がより短時間でお洗濯できる「おしゃれ着コース」ができ、自動槽洗浄でも除菌までできるよう進化しています(^^♪

そこまでの機能は求めないからもっと安く購入したい、という方は旧型NA-FW120V3を検討されていもいいと思います。
これらの違いを踏まえて、あなたにぴったりの洗濯機を選んでくださいね!

◆2021年発売、おしゃれ着コース・自動槽洗浄に除菌がプラスされた新型NA-FW120V5

◆2020年発売の温水泡洗浄Wで汚れをしっかり落とす旧型NA-FW120V3

パナソニック Panasonic 縦型洗濯乾燥機 FWシリーズ ホワイト NA-FW120V3-W [洗濯12.0kg /乾燥6.0kg /ヒーター乾燥(水冷・除湿タイプ) /上開き][洗濯機 12kg]
タイトルとURLをコピーしました