当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ルンバi5とi7の違いを比較!どっちがおすすめ?

家事

この記事では、ルンバi5とi7の違いを比較!どっちがおすすめ?と言う内容でお届けします。

ルンバのスタンダードモデルである「iシリーズ」の「i5」「i7」の違いを徹底調査!どちらがどんな人におすすめなのかまとめました!

ルンバi5とi7の違いはデザインやクリーンベースのサイズ等色々ありますが、一番大きな違いはi7は進入禁止エリアが設定できるのに対してi5は設定ができないことです。

そのため、i5で進入禁止エリアを設定したい場合は別売りのバーチャルウォールを購入しなければなりません。

その他、対応部屋数がi5は3~4部屋、i7は5部屋以上となっておりi5と比べるとi7が上位機種になります。

なお、ルンバi7は生産が終了しているため公式サイトでは購入できません。他のショッピングサイトなどで販売されていますので、欲しい方はお早目にゲットしてくださいね♪

👇さっそく商品をチェックしたい方はこちらからどうぞ

ルンバi5

ルンバi5+(クリーンベース付き)

ルンバi7

ルンバi7+(クリーンベース付き)

【P10倍】ルンバ i7+ アイロボット 公式 ロボット掃除機 お掃除ロボット 掃除ロボット 全自動 家電 ゴミ収集 強力吸引 自動充電 機能 搭載 結婚祝い 出産祝い ルンバi7+ 掃除機 コードレス irobot roomba 正規品 メーカー保証 延長保証 送料無料

ルンバi5とi7の違いを比較

ルンバi5とi7の違いを比較すると、下記があります。

  • デザイン
  • 価格
  • 対応部屋数
  • 進入禁止エリア設定(i7は〇/i5は×)
  • カメラの有無(i7は本体上部にカメラあり。ただし障害物回避はできない)

色々と違いはありますが、一番の違いは進入禁止エリアの有無で、i7は設定できますがi5は設定できない点です。i5でどうしても進入禁止エリアを設けたいなら別売りのバーチャルウォールが必要になります。

そのほか、対応部屋数も違いがあり、5部屋以上掃除したい人にはi7が適しています。

違いを表にまとめました↓

ルンバi5(2023年発売) ルンバi7(2019年発売)
デザイン

 

 

価格(税込) 本体のみ:49,800円

クリーンベースセット:89,800円

販売終了のため公式ショップでの販売なし

※各ショッピングサイトにて39,800円~(2024.1時点)

対応部屋数 3~4部屋 5部屋以上
進入禁止エリアの設定 ×不可 〇可
カメラの有無 ×なし 〇上部にあり

このように、ルンバi7とi5は同じ「iシリーズ」ではありますが、機種名の数字の大きい「i7」の方が対応部屋数が多かったり、進入禁止エリアを設定できるなどやや機能面で上回ります。

ルンバi5とi7の違いを比較してどっちがおすすめ?

ルンバi5とi7の違いを比較してどっちがおすすめなのか整理しました。

ルンバi5がおすすめな人

  • 公式サイトで購入したい人(i7は生産終了の為)
  • 進入禁止エリア設定が不要な人
  • 一番スタンダードなルンバが欲しい人
  • 掃除したい部屋数が3~4部屋の人

ルンバi5

ルンバi5+(クリーンベース付き)

ルンバi7がおすすめな人

  • バーチャルウォールなしで進入禁止エリアを設定したい人
  • 自分で価格やサービスの安いお得な購入先を見つけられる人(生産終了品の為各ショッピングサイトによって価格にバラツキあり)
  • 5部屋以上掃除したい人

ルンバi7

ルンバi7+(クリーンベース付き)

【P10倍】ルンバ i7+ アイロボット 公式 ロボット掃除機 お掃除ロボット 掃除ロボット 全自動 家電 ゴミ収集 強力吸引 自動充電 機能 搭載 結婚祝い 出産祝い ルンバi7+ 掃除機 コードレス irobot roomba 正規品 メーカー保証 延長保証 送料無料

ルンバi5とi7の共通点

ここからは、ルンバi5とi7の共通点についてご紹介していきます。

  • 吸引力
  • 清掃パターン
  • Imprintスマートマッピングで部屋の間取りを覚えられる
  • 掃除した箇所の確認ができる
  • 自動充電&自動再開
  • 音声アシスタント対応
  • 水拭きロボットブラーバとの連携可能
  • クリーンベースを後から購入できる

1つずつ詳しくみていきます!

吸引力

吸引力は、ルンバ600シリーズとの比較でi5もi7も約10倍の吸引力です。

吸引力に着目すると、s9+、j9/j9+がより吸引力は高いですが、i5・i7もスタンダードモデルとして充分な吸引力があります。

その理由は、2本のアクションブラシと

清掃パターン

ルンバi5もi7も、無駄がない規則正しいパターンで清掃するので複雑な間取りの部屋でもしっかり間取りを覚えて無駄なく掃除してくれます。ジグザグに動くよりもモノへ当たる頻度も少なく、掃除にかかる時間も短く済みますね。

Imprintスマートマッピングで部屋の間取りを覚えられる

i5は光学センサー、i7は上部のカメラを使って部屋の間取りを覚えさせることができます。

間取りを覚えることで、アプリから「今日はキッチンの掃除をしてほしい」など部屋ごとの掃除の指示が出せるなど便利です。

掃除した箇所の確認ができる

ルンバi5もi7、アプリからどこを掃除したのか確認することができます。

外出時に掃除を任せても後から確認できるのが便利ですね!

自動充電&自動再開

ルンバi5もi7も、掃除中に充電が残り少なくなったら自分で充電しに行き、残りの掃除に必要な電気をためてから途中から掃除を再開するというとっても賢い機能を備えています。

外出中でも安心して掃除を任せられますね。

音声アシスタント対応

各種音声アシスタント※にも対応しているので、設定しておけばスマホを使わなくても話しかけるだけで掃除が始められます。調理中や育児中など手が離せない場面でも大活躍ですね!

※Google アシスタント、Amazon Alexa、Siri ショートカットに対応

水拭きロボットブラーバとの連携可能

ルンバi5もi7も、水拭きロボットブラーバとの連携ができるので、アプリで設定しておくことで掃除後水拭きまで終わらせることができます。

より床をピカピカにしたい方には嬉しい機能です。

クリーンベースを後から購入できる

ルンバi5もi7も、クリーンベースを後から購入することができます。アイロボット公式でも販売されており、どちらも同じクリーンベースで対応できます。

 

共通点もたくさんありますね!

ルンバi5とi7の違いを比較!どっちがおすすめ?のまとめ

ルンバi5とi7の違いを比較すると下記がありました。

  • デザイン
  • 価格
  • 対応部屋数
  • 進入禁止エリア設定(i7は〇/i5は×)
  • カメラの有無(i7は本体上部にカメラあり。ただし障害物回避はできない)

i5は進入禁止エリアが設定できないのと、対応部屋数がi7に比べると少ないので、この2点の違いを踏まえて自分の欲しい機能にマッチした方を選んでくださいね。

ルンバi5

ルンバi5+(クリーンベース付き)

ルンバi7

ルンバi7+(クリーンベース付き)

【P10倍】ルンバ i7+ アイロボット 公式 ロボット掃除機 お掃除ロボット 掃除ロボット 全自動 家電 ゴミ収集 強力吸引 自動充電 機能 搭載 結婚祝い 出産祝い ルンバi7+ 掃除機 コードレス irobot roomba 正規品 メーカー保証 延長保証 送料無料
タイトルとURLをコピーしました