NE-BS658と型落ちNE-BS657の違いを比較!パナソニックビストロ

家事

この記事では、パナソニックビストロのハイグレードコンパクトモデルNE-BS658と、その型落ちNE-BS657の違いを比較しています。

パナソニックビストロから2021年9月にNE-BS658が発売されます。

すでに予約販売が始まっていますよ~♪

NE-BS658とその型落ちNE-BS657の違いを比較すると、NE-BS658には中華10分コースができて自動メニュー数が1つ増えています。

この2つの違いと、共通点を詳しくお届けします。

▼さっそく商品をチェックしたい方はこちら

■中華10分コースができた2021年モデルNE-BS658

■嬉しい機能満載の2020年モデルNE-BS657

パナソニックビストロNE-BS658と型落ちNE-BS657の違いを比較!

 

2021年モデルのNE-BS658と型落ちNE-BS657との違いを比較すると、中華10分コースが追加され、自動調理可能なメニュー数が1つ増えました!

中華10分コース 自動調理可能なメニュー数
(2021年モデル) NE-BS658 あり 167
(2020年モデル) NE-BS657 なし 166

<違い①>中華10分コース

中華10分コースとは、2~3人分の定番中華料理6品を10分で自動調理してくれるコースで下記中華6メニューが作れます♪

  • 酢豚
  • 麻婆なす
  • 麻婆豆腐
  • 回鍋肉
  • 八宝菜
  • エビチリ

下ごしらえは別途必要ですが、油が多く火加減の難しい中華料理が10分ほったらかしでできちゃいます!!

旧型(2020年モデル)NE-BS657から引き続き、裏返し不要で両面をおいしく調理可能なグリル皿も付属されていますし、庫内の天井には油汚れをサラサラにしてくれるオートクリーン加工もされているので調理後のお掃除も簡単にできて安心です(^^♪

<違い②>自動調理メニュー数

ビストロと言えば、下ごしらえした食材を自動で調理してくれる機能が魅力ですよね★

2020年モデルNE-BS657では、煮物・茶わん蒸し・焼き鮭など和食の定番メニュー50のほか、ゆで卵や温泉卵など「焼く・揚げる・蒸す・煮る」と言った様々な調理を自動で行うことができました。

2021年モデルNE-BS658ではそれらに更に1メニュー増えて167となっています!

ますますお料理の幅が広がりますね(^^♪

 

■中華10分コースができた2021年モデルNE-BS658

■嬉しい機能満載の2020年モデルNE-BS657

<共通点>NE-BS658(2021年モデル)とNE-BS657(2020年モデル)の特徴

 

ここからは、NE-BS658(2021年モデル)とNE-BS657(2020年モデル)共通の特徴をご紹介します。

①グリル皿ごとテーブルに出せて、映えるお料理が簡単にできる!

ビストログリル皿と遠赤Wヒーターという上下からの加熱によって、裏返さなくても両面を一気に調理することができます。

さらに、そのままテーブルに並べられるので簡単に映えるお料理ができちゃいます♪

お肉・魚・野菜などバランスの良い食事を1つのグリルで調理できるので忙しい毎日にも大活躍です!

チーズフォンデュも簡単にできるので、おうち飲みにも良いですね~(≧▽≦)

②時短に便利な早ラクメニューが充実!

自動調理メニューの早ラクメニューでは短時間でおいしい料理ができるので、忙しい方にぴったりです!

唐揚げなどの焼き物ができる「こんがり10分コース」・煮物ができる「煮物10分コース」・蒸し物や蒸し焼きができる「蒸し物10分コース/蒸し焼き15分コース」などほったらかしで10分~できる自動調理メニューが充実しています♪さらに、ゆで卵や温泉卵まで作れるコースもありますよ(^^)

コース名 メニュー例
こんがり10分コース
  • ごまごま唐揚げ
  • チーズカツレツ
  • ナスの煮びたし  等
煮物10分コース

  • 鶏と根菜のうま煮
  • 肉じゃが
  • ラタトゥイユ   等
蒸し物10分コース/蒸し焼き15分コース

  • 魚介の蒸しサラダ
  • にらまんじゅう
  • さけのハーブ蒸し  等
和食50選

  • 茶わん蒸し
  • 肉じゃが
  • 塩ざけ
  • 鶏の照り焼き  等
その他

  • ゆで卵
  • 温泉卵

これだけたくさんの自動調理メニューがあれば、お料理の幅が広がりますね(≧▽≦)

③芯までほぐせる解凍で、冷凍保存した食材もすぐに下ごしらえ可能!

マイクロ波をらせん状に放出するサイクロンウェーブ加熱で肉や魚の中心から周りに向かってゆっくり解凍するので、解凍ムラを抑えて均等に解凍することができます。

さらに、「全解凍/半解凍」お好みで解凍できるので、刺身や肉の細切りなどの半解凍が扱いやすい食材は半解凍にするなど食材やお好みに合わせて解凍できます★

④選べるカラータッチ液晶で使いやすい!

画面上の「手動」「毎日」「料理集」の並べ替えができるほか、4つのデザインの中からあなたの好きなデザインが選べるのが嬉しいですね!

⑤チャイルドロック・ソフトダンパー採用ドアで安心!

小さなお子様がパネルやダイヤルを触っても反応しないようチャイルドロック機能がついているのでお子様がいるご家庭でも安心です!

また、ドアを完全に閉める前に手を離してもゆっくり閉まるソフトダンパーが採用されています。

電子レンジのドアの開閉音って結構大きかったりバタン!となったりしますよね。

でもソフトダンパーがあれば優しく閉まるので静かで安心です(^^♪

■中華10分コースができた2021年モデルNE-BS658

■嬉しい機能満載の2020年モデルNE-BS657

パナソニックビストロNE-BS658と型落ちNE-BS657の違いを比較してどっちがおすすめ?

NE-BS658と型落ちNE-BS657の違いを比較して、どちらがおすすめなのか整理してみました(^^)

NE-BS658(2021年モデル)がおすすめなのはこんな人★

  • 26Ⅼハイグレードモデルの最新機種が欲しい人
  • 中華料理をたくさん作りたい人
  • 自動調理でたくさんの料理を作りたい人

せっかくなら最新機種が欲しい!という方や中華料理コースなど自動メニューができるだけ多い方が良い!という方にはNE-BS658(2021年モデル)がおすすめです。

 

■中華10分コースができた2021年モデルNE-BS658

NE-BS657(2020年モデル)がおすすめなのはこんな人★

  • 26Ⅼハイグレードモデルを少しでも価格を抑えて購入したい人
  • 中華10分コースが必要でない人

NE-BS658とNE-BS657の違いは10分中華コースの有無と自動調理メニュー数が1つ違うという2点です。

酢豚、麻婆なす、麻婆豆腐、回鍋肉、八宝菜、エビチリなどの中華自動メニューがなくても自動調理メニューが166もあれば十分!という方は、型落ちとなるNE-BS657が約2万円安く購入できる※(価格ドットコム2021年8月時点参考)ので、この違いにあまりこだわらない方であれば安く購入できるNE-BS657がお得かもしれませんね!

※価格差は時期や販売者によって異なります

■嬉しい機能満載の2020年モデルNE-BS657

NE-BS658と型落ちNE-BS657の違いを比較!パナソニックビストロのまとめ

パナソニックビストロNE-BS658とその型落ちNE-BS657の違いを比較すると、NE-BS658には中華10分コースができて自動メニュー数が1つ多い、という点があります。「ビストロで中華料理を作ってみたい!」「できるだけ色んなメニューを作ってみたい!」という方には嬉しいですよね(^^♪

でもそれ以外には違いはないので、ご紹介したNE-BS658とNE-BS657の共通の特徴があれば十分!という方は少し価格が抑えられる型落ちNE-BS657を選ぶのもアリです。

あなたにぴったりの機種を選んでみてください(≧▽≦)

■中華10分コースができた2021年モデルNE-BS658

■嬉しい機能満載の2020年モデルNE-BS657

タイトルとURLをコピーしました