ルンバ j7+とs9+の違いを比較!どっちがおすすめ?

家事

この記事では、ルンバ j7+とs9+の比較を比較!どっちがおすすめ?という内容でお届けします。

ルンバs9+とj7+の違いは、吸引力や障害物回避能力など6つあります。

それぞれに得意なことが違うので、違いをご紹介してどっちがどんな方におすすめなのかご紹介していきます!

↓さっそく商品をチェックしたい方はこちらからどうぞ

■ルンバs9+はこちら

■ルンバj7+はこちら

ルンバ j7+とs9+の違いを比較!

ルンバ j7+とs9+の違いを比較すると、下記6点あります。

  • 吸引力
  • モード
  • カメラの位置
  • ダストボックスの位置
  • クリーンベースの形
  • 価格

違いを表に整理しました↓

ルンバs9+ ルンバj7

 

 

吸引力※600シリーズ比 40倍 10倍
モード あり なし
カメラの位置 上部 前面
ダストボックスの位置 上部 側面
クリーンベースの形 縦長

奥行39cm×幅31cm×高さ49cm

横長

奥行40cm×31cm×34cm

価格(税込) 186,780円 129,800円

これらの違いを1つずつ詳しくご紹介していきます!

吸引力の違い

 

<吸引力(スタンダードモデル600シリーズとの比較)>

s9+:40倍

j7+:10倍

スタンダードモデルの600シリーズとの比較で、s9+が40倍・j7+が10倍となっています。

どちらも十分な吸引力がありますが、s9+がj7+の4倍の吸引力を誇ります!

その秘訣は、形・ブラシの数・デュアルアクションブラシの大きさ・吸引口の大きさ、の4つあります。

1つずつ詳しくご紹介します。

ルンバは丸い円形をしていますが、s9+は片方だけ直線部分があり、アルファベットのDの形をしています。

直線部分があることで角ができるので、部屋の隅のゴミをよりしっかり集められます!

ブラシの数

ゴミをかき集めるブラシの数が、s9+は5本、j7+は3本です。

s9+はブラシの数も多いので、よりたくさんのゴミを集められるようになっています。

デュアルアクションブラシの大きさ

 

ゴミを絡めとる2本のデュアルアクションブラシの大きさが、s9+の方がj7+の30%大きいため、

よりしっかりゴミをキャッチしてくれます!

吸引口

集めたゴミを吸い込む吸引口の大きさも、j7+よりs9+は30%大きいため、ゴミを残さず吸い取ってくれます。

モード

<モード>

s9+:エコ・標準・ターボの3つから選べる

j7+:選択不可

j7+は走行回数の設定のみ可能ですが、s9+は、走行回数にプラスして、吸引力「エコ」「標準」「ターボ」の3つから選べます。

在宅仕事中に隣の部屋でルンバを使いたいときには、静かな「エコ」を使ったり、汚れが気になる部屋やカーペットは「ターボ」を使うなど、目的に合わせて選択できるのが嬉しいですね!

カメラの位置の違い

<カメラの位置>

s9+:上部

j7+:前面

s9+もj7+もカメラがついていて空間を正確に把握できるようになっていますが、s9+は本体の上部、j7+は前面についています。

カメラが前面だと前方の障害物を認識できるので、障害物回避能力はj7+が最強です!

ダストボックスの位置の違い

<ダストボックスの位置>

s9+:上部

j7+:側面

集めたゴミを捨てるダストボックスの位置が、s9+は上部でj7+は側面です。

上部を開けて取り出す方がゴミは捨てやすいので、s9+の方がゴミは捨てやすいですね。

クリーンベースの形の違い

<クリーンベースの形>

s9+:奥行39cm×幅31cm×高さ49cm

j7+:奥行40cm×31cm×34cm

ゴミを収集してくれるクリーンベースの形はs9+が15㎝縦長です。

s9+の方が高級感はありますが、設置場所の確保が難しい場合や、部屋の圧迫感を減らしたいならj7+が向いています。

価格の違い

<価格(税込)>

s9+:186,780円

j7+:129,800円

価格は、s9+が56,980円高いです。

s9+はj7+よりも4倍の吸引力があり、掃除能力が高いことと、高級感のあるデザインなどからj7よりも高くなっています。

こういった違いから、それぞれに特徴があることがわかりますね!

次は、特徴を踏まえてどっちがどういった人にマッチするのかご紹介します。

■ルンバs9+はこちら

■ルンバj7+はこちら

ルンバ j7+とs9+の違いを比較してどっちがおすすめ?

ルンバj7+とs9+の違いを踏まえて、どっちがどんな人におすすめなのか整理しました。

ルンバj7+がおすすめな人

ルンバj7+は前面のカメラで障害物を回避しながら掃除してくれるので、モノが多い人やペットがいる方などに最適です。価格もs9+よりは56,980円安いため、コスパを重視する人にも適しています。

  • 床にモノや電源コードがあるなど、障害物回避能力が高いルンバが良い人
  • フローリングメインで掃除する人
  • 設置場所の都合上、クリーンベースの高さが低い方が良い人
  • 購入価格を抑えたい人

ルンバs9+がおすすめな人

ルンバs9+は、部屋の角やカーペットに対する掃除能力が高いルンバです。部屋の隅々までキレイにしたい方や、カーペットが汚れやすい人などに最適です。ただし、カメラが前ではなく上についているので、障害物を回避する能力ではj7+に劣ります。

  • 部屋の角までキレイに掃除したい人
  • カーペットが汚れやすく、ルンバでキレイにしたい人
  • 高級感あるデザインのルンバが欲しい人
  • ゴミが捨てやすいルンバが良い人

ルンバ j7+とs9+の共通点

ここからは、ルンバj7+とs9+の共通点をご紹介します。

  • 進入禁止エリア/特定の部屋の掃除
  • 床拭きブラーバとの連携
  • 音声認識機能
  • ペットロック/チャイルドロック
  • 掃除の提案

1つずつ詳しくご紹介します。

進入禁止エリア/特定の部屋の掃除

空間認識することで、バーチャルウォールなしで進入禁止エリアを設定したり、特定の部屋だけを指定して掃除することもできます。

床拭きブラーバとの連携

床拭きロボットのブラーバと連携できるので、ルンバでゴミを集めた後ブラーバで拭き掃除までできます。

掃除を完全にロボットにお任せすることもできるのってとっても嬉しいですよね!

音声認識機能

音声認識機能で、話しかけるだけでルンバを動かすことができます。

ペットロック/チャイルドロック

掃除中にペットや子供が触れてしまっても大丈夫なロック機能があります。

掃除の提案

季節やライフスタイルに合わせた掃除の提案までしてくれます!

 

ただ掃除するのではなく、アプリを使うことで使う人に合わせた使い方ができるのが魅力ですね♪

 

■ルンバs9+はこちら

■ルンバj7+はこちら

ルンバ j7+とs9+の違いを比較!どっちがおすすめ?のまとめ

ルンバj7+とs9+の違いを比較すると、下記6点ありました。

  • 吸引力
  • モード
  • カメラの位置
  • ダストボックスの位置
  • クリーンベースの形
  • 価格

s9+は、吸引力の高さがダントツなので清掃能力の高さを求める人に向いています。

j7+は、前方のカメラで障害物を回避する能力がダントツなので電源コードがある人やルンバ用に家具の配置を見直すのが難しいという方に向いています。

それぞれ違う能力があるので、あなたにピッタリのルンバを見つけてくださいね♪

■ルンバs9+はこちら

■ルンバj7+はこちら

タイトルとURLをコピーしました