ルンバi2と旧型e5の違いを比較!どっちがおすすめ?

ルンバi2とe5比較 家事

この記事では、ルンバi2と旧型e5の違いを比較!どっちがおすすめ?という内容でお届けします。

ルンバの中でも売れ筋のe5と、その新型i2の違いを徹底解説します!

ルンバi2と旧型e5には、カラーやサイズの他、吸引力や清掃パターン、対応部屋数など全部で12もの違いがあります。その違いを比較するだけでなく、共通点も合わせてご紹介していき、どっちがおすすめなのかまとめていますので、ぜひチェックしてみてください♪

👇さっそく商品をチェックしたい方はこちらからどうぞ

■ルンバi2はこちら

■ルンバe5はこちら

※ルンバi2とi3の違いはこちらの記事にまとめています

 

ルンバi2とi3の違いを比較!どっちがおすすめ?
この記事では、ルンバi2とi3の違いを比較!どっちが買い?という内容でお届けします。 ルンバe5の後継として発売されたルンバi2と、ルンバi3の違いを徹底解説します! ルンバi2とi3の違いを比較する...

ルンバi2と旧型e5の違いを比較

ルンバi2とその旧型のe5の違いを比較すると、下記12点あります。

  • 本体カラー
  • 吸引力
  • 清掃パターン
  • 掃除可能な部屋数
  • 稼働時間
  • リアクティブセンサー
  • 自動再開機能
  • クリーンベース対応可否
  • ゴミフルセンサーの有無
  • ブラーバとの連携の可否
  • アプリでできる内容
  • サイズ・重さ

違いを表にまとめました。

i2 e5

 

 

本体カラー グレー ブラック
吸引力 e5の2倍
清掃パターン i2清掃パターン e5清掃パターン
掃除可能な部屋数 3~4部屋 1~2部屋
稼働時間 最大75分 最大90分
リアクティブセンサー ×
自動再開機能 ×
クリーンベース対応 ×
ゴミフルセンサー ×
ブラーバとの連携 ×
清掃履歴の確認 ×
サイズ・重さ
  • 幅 34.2cm 高さ9.2cm
  • 重さ 3.2kg
  • 幅 35.1cm× 高さ9.2cm
  • 重さ 4.0kg

各違いを詳しくご紹介していきますね!

本体カラー

本体のカラーが、i2はグレー、旧型のe5はブラックです。

吸引力

吸引力は、i2がe5の2倍です。

ルンバ600シリーズとの比較でi2が10倍、e5が5倍とのことなので、

e5でもフローリングメインであれば十分な吸引力です!

カーペットや畳もしっかりお掃除したい!という方であれば

吸引力が強いi2を選んだ方が良いですね(^^)

清掃パターン

清掃パターンは、e5が壁を感知してジグザクに動くので何往復もして掃除をします。

対してi2はフロアトラッキングセンサーの働きで移動距離などを正確に把握、

直線距離で効率よく掃除してくれます。

i2の方が掃除効率がアップしているということですね♪

掃除可能な部屋数

掃除可能な部屋数はe5が1~2部屋、i2が3~4部屋となっています。

この違いはルンバの頭脳と言われるナビゲーションシステムの違いからきています。

e5よりもi2の方が高性能なため、間取りを正確に把握したり、

清掃済みの部屋かどうかを把握する能力に違いがあることで、対応できる部屋数に違いが出ます。

稼働時間

稼働時間は、i2が最大75分、e5が最大90分となっており、旧型のe5の方が15分長く稼働できます。

ただ、どちらも充電が切れそうになったら自動で充電する機能がありますし、i2には充電後に掃除を再開する機能があるので、稼働時間をさほど気にしなくても良くなっています(^^♪

リアクティブセンサー

i2には上下を感知するリアクティブセンサーが搭載されていて、先が狭くなっている家具の下などの部分に入り込まないよう感知して回避する機能があります。

これは旧型e5にはない機能です。

自動再開機能

i2も旧型のe5も、掃除途中で充電が切れそうになると自動で充電器へ移動して充電するのは共通です。

ただ、充電後の対応に違いがあって、i2は充電が完了すると、中断したところから自動で掃除を再開する機能があります!

旧型のe5は充電後、自動で再開する機能がないため、自分で電源を入れ直さなくてはいけません(>_<)

クリーンベース対応可否

i2は、自動でゴミ収集機へ移動してゴミを集められるクリーンベースに対応していますが、旧型のe5は対応していません。

クリーンベースは最大1年分のゴミを貯められますし、ゴミ捨てが億劫な方は断然クリーンベースが使えるi2がおすすめです!

ゴミフルセンサーの有無

ゴミ受けがいっぱいになったときにお知らせしてくれるゴミフルセンサーはi2にはありますが、旧型のe5にはありません。e5はクリーンベースにも対応していないので、自分でこまめにゴミを捨てないといけません(>_<)

ブラーバとの連携の可否

i2は、床拭きロボットのブラーバとも連携できます。ルンバで掃除機をかけた後、ブラーバで床拭き掃除もできちゃうというとってもハイテクで便利な機能です♪

清掃履歴の確認

旧型のe5にはありませんが、i2には、クリーンマップレポート機能があり、何時頃にどの部屋をどう掃除したのかがマップで確認することができます。

サイズ・重さ

<i2>

  • 幅 34.2cm 高さ9.2cm
  • 重さ 3.2kg

<e5>

  • 幅 35.1cm× 高さ9.2cm
  • 重さ 4.0kg

i2は、旧型のe5と比べて幅が約1cm小さく、重さは約0.8kg軽くなっています。

i2はより高機能、小型軽量化していますね♪

このように、現在の販売価格は39,800円(税抜)と同じですがこれだけ多くの点で旧型のe5から進化しています!これは買わなきゃ損ですね!

ルンバi2と旧型e5の共通点

ここまで、ルンバi2と旧型e5の違いをご紹介してきましたが、ここからは共通点をチェックしていきたいと思います(≧▽≦)

  • 価格
  • メインブラシ
  • 自動充電
  • バーチャルウォール対応
  • ダストボックス水洗い
  • ダストカットフィルター
  • 汚れた場所を集中お掃除
  • 障害物・段差を自動感知
  • アプリに対応

1つずつ詳しくご紹介します。

価格(39,800円)

旧型e5は販売当初49,880円(税抜)でしたが、現在はi2と同じ39,800円(税抜)となっています。

先ほど、i2とe5の違いをご紹介しましたが、同じ価格でi2がかなり進化しているのでめちゃくちゃお得感がありますね♪

メインブラシ

 

メインブラシに採用されているゴム製デュアルアクションブラシはi2もe5も同じです。

2本のゴム製のブラシが、フローリングだけでなくカーペットのホコリやゴミ、髪の毛など細かなゴミもしっかりキャッチします!

自動充電

i2もe5も、充電が少なくなると自動で充電器へ戻って充電をします。

ここまでは同じですが、充電後に掃除の続きを自動で再開できるのはi2です。

おうちにいるときにルンバを使うよ!っという方は充電後自分で再開できますが、外出中にルンバを使いたい方は、自動再開してくれるi2が断然いいですね(^^)

バーチャルウォール対応

ルンバが入ってほしくないエリアに赤外線でバリアするバーチャルウォールは、i2とe5のどちらも対応しています。

子供やペットがいる場所など立ち入ってほしくない場所がある方はぜひ活用したい機能ですよね♪

バーチャルウォールは別売りで購入できます。

ダストボックスを水洗いできる

i2もe5もダストボックスを水洗いできるので、清潔に保てます。

細かいホコリってなかなかきれいに落とせないので、水洗いするのが一番簡単にきれいになりますよね!

ダストカットフィルター

ホコリ・花粉・ダニなど目に見えない小さな物質も99%キャッチするダストカットフィルターがどちらも採用されています。ペットを飼っている方などは特に嬉しい機能です♪

ダストカットフィルターは2ヶ月に1回が交換の目安で、交換用フィルターは追加購入できますよ。

汚れた場所を集中お掃除

センサーがゴミの多い場所を感知して、きれいになったと判断するまで集中的にお掃除してくれます。

まるで、人がお掃除しているみたいでとってもハイテクですよね(≧▽≦)

障害物・段差を自動感知

i2も5も、障害物や段差を自動で感知して避けることができます。

フローリングからラグなどの段差もスムーズに乗り越えて掃除してくれますよ!

アプリに対応

i2もe5も、スマホアプリに対応しているのは共通です。

アプリでは下記のようなことができます。

  • 音声アシスタント対応だから、話しかけるだけで起動できる
  • 外出先から起動できる
  • 季節やライフスタイルに合わせた掃除(外出したら掃除を開始するなど・・)
  • 清掃方法のお気に入り登録(よく掃除する場所・時間をお気に入り登録するとすぐに掃除できる)
  • スケジュール設定(設定した曜日に掃除するなど・・)

ただし、掃除済箇所をマップで確認できる・清掃モード設定・ブラーバ設定についてはe5はできないなど、機種によってアプリでできる内容には違いがあります。

基本的な部分は共通点が多いですね!

■ルンバi2はこちら

■ルンバe5はこちら

ルンバi2と旧型e5の違いを比較してどっちがおすすめ?

ルンバi2と旧型e5の違いを比較すると、i2が断然おすすめです!

というのも、家電は新しい機種が発売されると型落ち品は値下がりするのですが、ルンバi2と旧型e5は公式店での価格が同じなんですよね。

ここまで、i2とe5の違いをご紹介してきたように、i2はe5より色々な面でパワーアップしていますので、同じ価格ならより高性能な方がお得です。

ただ、e5は公式店以外では値下げがされているところもありますし、今後さらに安くなる可能性もあります。

少しでも安く基本機能を抑えたルンバを購入したい!という方ではればe5の価格をチェックしてみてくださいね(^^)

 

※ルンバi2の口コミレビューはこちらの記事にまとめています。

 

ルンバi2の口コミレビュー!機能や音の大きさは?
この記事では、ルンバi2の口コミレビュー!機能や音の大きさは?という内容でお届けします。 ルンバi2の口コミをレビューすると、「想像以上にゴミが集まっていてビックリした」「自分で掃除機をかけるよりもキレイになる」など掃除機能に満足して...

 

ルンバi2と旧型e5の違いを比較!どっちがおすすめ?のまとめ

ルンバi2と旧型e5の違いを比較すると、下記がありました。

  • 本体カラー
  • 吸引力
  • 清掃パターン
  • 掃除可能な部屋数
  • 稼働時間
  • リアクティブセンサー
  • 自動再開機能
  • クリーンベース対応可否
  • ゴミフルセンサーの有無
  • ブラーバとの連携の可否
  • アプリでできる内容
  • サイズ・重さ

i2はかなりパワーアップしているのに発売価格は旧型の販売開始時点より安いので「ロボット掃除機が欲しいけど高くて購入をためらっていた」という方はゲットするチャンスです!

■ルンバi2はこちら

■ルンバe5はこちら

タイトルとURLをコピーしました